発症の原因とは

老人性イボは、皮膚が老化をすることで出来るため、80歳以上の高齢者に多く見られます。原因とも言えるのは、紫外線による影響が関係していると言われています。皮膚は紫外線を浴びると、皮膚の表皮にメラニン色素が出来ます。私の身体は、紫外線が真皮まで行き渡らないようにブロックします。メラニンはターンオーバーを繰り返すことで皮膚表面にお仕上げられてきたものが、角質と一緒に垢として排出されます。しかし、年齢を重ねることで肌の新陳代謝は衰えてしまう傾向にあります。新陳代謝が衰えると、紫外線を浴びても垢として排出されなくなるため、メラニンが少しず溜まっていった結果シミとなり残ってしまいます。こうした紫外線が原因となって出来たシミは、老人性色素斑と呼ばれ、いくつかあるシミの中でも多いタイプのシミです。

老人性イボが出来るメカニズムも老人性色素斑の症状と同じです。老人性色素斑の表面がザラつき硬くなったり、盛り上がるなどの変化を経て脂漏性角化症になることもあります。また、
紫外線のダメージを長い間受けることで、光老化が起こることも原因の一つとも言えます。60代になると老人性イボが出来る確率は高くなり、80代になると100%と言われています。若い時から紫外線を多く浴びてきた人は、40代から出来る人もいます。さらに、遺伝的な関係もわかっているため、若い世代の人も出来る人がいます。