紫外線を浴びないこと

加齢に伴い発症することのある「老人性イボ」。これは、誰にでも発症する可能性のあるものであるため、日頃から予防策を取り入れることが大切です。では、具体的にどのように予防すればよいのでしょうか、ここでは老人性イボの予防法についてご紹介します。

老人性イボは、皮膚が紫外線による影響を受け続けると発症・増殖します。そのため、予防するには「紫外線を浴びないようにすること」が大切だといえます。とはいえ、人間の身体は、太陽の光を浴びることで骨や臓器の健康を維持しているということもわかっています。そのため、紫外線を浴びないようにと、太陽の光を避けるのではなく、UVカット効果のある焼け止めを塗ったり、衣服を身に着けたりなどするようにしましょう。また、帽子やサングラス、日傘などのアイテムの使用もおすすめです。
なお、一般的に紫外線量は、晴れの日に多いというイメージが定着していますが、場合によっては曇りの日のほうが多いということもあります。このことから、紫外線対策は年中欠かさず行うことが大切だといえます。

老人性イボの発症・増殖を予防するためには、日頃から紫外線を警戒し、皮膚に浴びせてしまわないよう心がけることが大切です。そうすれば、誰でも簡単に老人性イボを予防することができます。なお、紫外線対策は、老人性イボを予防するだけでなく、皮膚がんなどのその他症状の予防にも繋がります。健康的な身体を維持するためにも、日々の生活へ積極的に取り入れるようにしましょう。